こどもヶ丘保育園

先輩保育士メッセージ

新卒 平成30年4月から勤務:永田 夕佳子

自分がどんな保育園でどんな保育をしたいのか、というイメージをしっかり持って、実際に見学して自分に合った保育園を見つけてください。

永田 夕佳子(えいた ゆかこ)

勤務地:本駒込園

永田さんは神戸から東京に出てらっしゃいますが、「こどもヶ丘保育園」とはどのように出会いましたか?


大学の求人ページで、東京の保育園を探していたところ「こどもヶ丘保育園」を見つけ、ホームページを拝見して、いいなと思いました。

東京の数ある保育園の中で、当園に注目した、当園を選ばれた理由はなんでしょうか?


大学で保育の勉強をしてきて、子ども一人一人を見て寄り添うような保育をしたいと思っていました。

小規模園なら、子ども一人一人を身近に感じることができて、子ども達の個性や、気持ちをまっすぐに受け止めることができるのではと思いました。


なので、まず小規模園に絞って、いろいろな会社、保育園をたくさん調べたところ、こどもヶ丘保育園の保育理念や保育目標が、自分が思い描いていた保育と重なったので、この保育園ならより家庭的で温かい保育ができるのではないか、と思い応募しました。

神戸からは遠方なので、応募前の見学はできなかったのですが、面接の時に見学させていただきました。

本駒込園で実際に働いて見てどうでしょうか?


例えば、年齢が上の子どもにならって下の子が頑張ろうとしていたりする光景をみて、そんなことがすごく大事だなと思えたり、幼児さんもいる環境で異年齢の関わりが持てるのはいいなと思います。

また、大きい子は言葉も発達してきていて、いろいろなことをお話しできるようになってくるので、子供から「なんでだろう?」といろいろな疑問を投げかけられます。その時どうやって答えたら良いのか、悩むこともありますが、こんなことを疑問に思うんだな、といった発見があるのも面白く感じます。

保育士は、命をお預かりしているという点で常に責任感や緊張感を伴うし、肉体労働的側面もあると思います。心身共に疲れを感じた時のリフレッシュ法はありますか?

休日は家で録りためていた映画やドラマをまとめて観たり、優雅に(笑)過ごしてリフレッシュしています。

悩んだ時に相談できる同僚・先輩はいますか?


今は、わからないことや不安なことをすぐに相談できる環境ですし、先輩方にはすごく優しく指導していただいています。そして、日々保育する中で、先輩方を見てすごいな、と尊敬できる場面がとても多いです。素直に、こんな先生になりたいと憧れ、目標となる先生が周りにいるので、いいところをどんどん吸収して、自分の保育に繋げられれば、と思います。

先輩方とも良い信頼関係が築けているのですね。
では、今保育士になろうと勉強している方、これから保育士になろうという方に向けて、メッセージがあればお願いします。


保育する中で、子どもの気持ちに共感し、理解することは本当に大事なことだな、と実感しています。楽しいこと、嬉しいこと、苦しいこと、悲しいこと、いろいろな気持ちを味わって、そんな体験がまた保育に繋がっていくんじゃないかなと思います。いろいろな体験をして欲しいと思います。

また、たくさんの保育園がありますが、自分がどんな保育園でどんな保育をしたいのか、というイメージをしっかり持って、実際に見学して自分に合った保育園を見つけて欲しいと思います。

いつも、笑顔が輝いていてらっしゃる永田さんでした。どうもありがとうございました。
 
(2018年7月)