こどもヶ丘保育園

スーパーバイザーからのメッセージ

スーパーバイザー:保育士歴20年

保育の現場と仕事の内容が大きく変わり、一から積み上げる日々です。でも、おかげで新人さんや初めての経験をする人の不安や苦しみがわかるようになったのは大きな学びです。

保育士歴20年。保育士として認証保育所、院内保育所等を経て、株式会社チャイルドビジョンに入職。こどもヶ丘保育園の新規園の立ち上げや施設長を経験し、2018年度より本部スーパーバイザーとして勤務を行っております。

スーパーバイザーとしてのやりがい、目指すスーパーバイザー像

元々は、施設長として園運営に携わる中で、施設長が抱える悩みを共有し、問題の解決への相談相手の必要性を感じていました。
実際スーパーバイザーとして仕事をさせていただくと、保育のみならず、園の運営を通して保育理念に基づく企業運営に携わることで、理想とする保育を実現するやりがいを感じています。

スーパーバイザーの業務は、各園を訪問し園が抱える問題の解決にあたる、シフト調整、ヘルプとして保育に入る、人事採用や就職フェア対応、新規開園の準備、保育に関わる業者さんへの対応等、多岐にわたっています。

保育の現場と仕事の内容が大きく変わり、一から積み上げる日々です。でも、おかげで新人さんや初めての経験をする人の不安や苦しみがわかるようになったのは大きな学びです。

こどもヶ丘保育園には素晴らしい保育理念があります。職員の皆さんが、理念に向かって努力を続けること、過去の自分と比べて確実に成長し、その姿を皆さんで喜び合える保育園であることを目指して、私自身も勉強しながらお手伝いさせて頂きたいです。

保育理念 代表から
保育理念 代表から